笑顔溢れる
優しい未来を描くために
笑顔溢れる優しい未来を描くために
旭青年会議所
Slide 3
Slide 2
Slide 3
Slide 1

スローガン

2022年度スローガン 強くなる

理事長所信

第56代理事⻑

田向洋介

 (一社)旭青年会議所は、1967年の創立以来長きにわたり地域の皆様に支えていただき、また、諸先輩方の弛まぬ努力のおかげで、昨年、創立55周年を迎えることができました。55年の間に御協力頂いた、全ての方々に深く敬意を表し、心より感謝御礼を申し上げます。
 新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に猛威を振るい、経済活動には大きな打撃を与え、人口減少と超高齢化社会、自然界では気候の変化による災害の大規模化、私生活では活動が大きく制限され大きな問題が山積みです。その中で私たち青年会議所が愛する街・地域のために一体何ができるのか、何をするべきなのかをメンバー一人一人が考え行動することによって、(一社)旭青年会議所の存在意義を改めて見つめ直すタイミングを迎えているのではないかと考えます。
 まず、そのためには自分達を見つめ直すところから始めないといけないと考えております。かつて『青年会議所しかない』と言われた時代から経済も成熟し『青年会議所もある』と言われる時代へと時代は大きく様変わりし、多種多様な経済団体が活躍する時代になりました。そして、我々(一社)旭青年会議所は今以上に強くなり新たな存在意義を考えていかないといけない時代に変化しております。
 自分を律し自分が強くなり、今以上に強くなった一人一人が集結し、青年会議所として運動することにより、(一社)旭青年会議所も強くなり、あらゆる困難にも立ち向かい、この疲弊した経済や愛する地域のために全力で運動することで、真の地域の青年経済人のリーダーとなり、新たな存在意義や立場を確立し、 (一社)旭青年会議所が愛する地域社会においてなくてはならない存在へと昇華させていかなくてはなりません。
 この愛する旭市に住まう子供たちが笑顔で明るい未来を語れるために、その姿を優しく見守れる街にするために、私たち一人一人が己と向き合い、学び、成長し一人一人の力を共に高め合い強くしていきましょう。
 そして、一人一人が強くなった英知を集結させ、(一社)旭青年会議所をみんなで大きく発展し、旭市にはなくてはならない存在へと昇華させていきます。
 最後に、一般社団法人旭青年会議所に携わって良かったと言えるように、近い将来あの時があったから今があると笑顔で話せるように、一年間邁進していきます。

基本方針

総務事務、広報活動の強化​

(一社)旭青年会議所の組織の方向性を定める理事会や総会をより質が 良く効率的に行い強い組織づくりの基盤を支え場に出来るようにしま す。また広報においては、SNSでの発信を密に行い、地域に密着した 方や想いを共有・共感できる方に向けて発信をし、我々の活動をアピ ールしていきます。ホームページの運営管理においては円滑な更新を 行います。 ​

会員の拡大

会員拡大委員会を中心にメンバー一丸となり、誠意と熱意をもって勧 誘をする。また、若年層や企業出向なども積極的に取り入れ自営業で はない方にも積極的に勧誘しメンバー数を増やすことにより組織の強化を図ります。

未来の育成

メンバーが一人の人としてのスキルアップ、知識、意識、資質の向上を 目指すとともに、地域と人とを繋ぎ、絆を深められ、子供たちが明るい 未来を語れる一助になる事業を展開して参ります。